×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

霆詩お迎え



2006年3月4日(星期六)


午後3時。
昼ご飯を食べていると(既に何かおかしい。)家のチャイムが。

母が出て受け答えを聞いていると

「波砂詩依さんに郵便物です〜」


キタ─(*゚∀゚*)─!!!


(全てを悟った奴

そしていつものように
母「なんか凄いの来たよ〜」

そしてとっとと飯をかき込みさあ開封!!
と部屋にこもっていたら

母「ホットケーキ焼けたよ〜」(訳:有無を言わずに食べろや〜)

そして開封途中でホットケーキを食べに行き
微妙に中途半端なところから開封を再開するというお迎えでした。

途中色味が変わっているところがその境目です(笑




そろそろ見慣れてきた「でっかいの」(笑
何かやっぱりこの大きさの方が
キタ─(*゚∀゚*)─!!!感があります。


ダンボールを開けるとすぐに「高級箱」。
…カッターで開けてたよ…
危うく傷つけるところだった…


箱の横っちょに注文明細みたいのがついてました。
丁寧ネ。


逆端にはハングル文字が。
「イスミナマ」…
生イスミ?!(違


噂の高級箱。
黒い…
黒光りしてます。
こ、高級バコ〜


高級箱を開封!!

おお〜!!
お?
何か入ってます。
なんじゃこりゃ。


なんじゃこりゃー!!!!!
え…えび…えびせ…?!
もしかしてこれが「遅れたお詫びのオマケ」?!


…そしてこれが日本語サイトオープン何周年記念の
ボールペンとやら。
あっはは
…かっわいー


おお。
白いお布団!!
そういえばボークスも白いお布団だったような…
それにしても色のないお布団は何か新鮮だ…


ぺろっ。

うわー!!!!
いるよ!!
ねえ!
何かいる!!



次→
戻る



戻る

無断転載厳禁